1. Top
  2. 快適ハウス

太陽の恵みと一緒に暮らす

「ソーラーハウス=太陽の家」。つまり、ハイブリッドソーラーハウスは、自然の恵みである太陽エネルギーを最大限に利用した住宅システムのこと。太陽熱を床下に蓄熱して24時間床暖房、そしてたっぷりのお湯をつくります。地球環境にやさしい、人にやさしいエコ住宅なのです。

欧米では一般的!

欧米では一般的!

ソーラーハウスは24時間いつでも家の中の温度と湿度が一定に保たれるため、とても快適に暮らせます。欧米ではすでに一般的になっており、近年日本でも多く導入している住宅が増えてきました。居住環境が快適なだけでなく、結露予防にも効果的です。

嬉しい4つの運転モード

嬉しい4つの運転モード

マイクロコンピューターが季節や天候に合わせて自動運転を行うので、操作の必要はありません。自身で行うのは温度調節のみです。

・適湿適温のときは「暖房・給湯並行運動」

太陽エネルギーによって屋根で温められた熱媒は、給油用熱交換器を循環した後も熱が残っています。この熱を利用し、床下に蓄熱し、暖房にも利用することができるのです。

・寒いときは「ソーラー蓄熱暖房」

太陽エネルギーによって温められた熱媒を床下まで循環・蓄熱させ、夜から明朝までの床暖房に利用します。

・すっきりしない天気が続いたら「補助暖房」

太陽エネルギーが十分に得られないときは、補助ボイラーのサポート(自動運転)で床暖房の熱源を確保します。

・暑いときは「ソーラー給湯」

暖房が要らない季節は、太陽エネルギーを給湯に利用。自然の力でたっぷりのお湯をつくります。春から秋までの季節は化石燃料を使用する事なくお風呂にお湯を溜めることも可能です。太陽で温められた熱媒は、給油用熱交換器を循環した後も熱が残っています。この熱媒を床下に循環する事で次の暖房季節まで床下に熱を蓄熱します。

設計工房フレックスでは、独自に開発したソーラー「ハイブリッドソーラー」をみなさまにご提供し、豊かな生活を送るサポートをしています。

 

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

ページトップ